読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

繋がり、補い合いながら生きていく

今日は、
"うまれる ずっといっしょ。"
上映会に行ってきました
f:id:tomotomy:20150906175856j:image
まず、はじめにチェンミンさんによる
二胡の特別演奏

チェンミンさんの醸し出す世界観
彼女が舞台に上がり
真ん中に来て
二胡に手をおき
演奏が始まった瞬間
彼女の表情、空気、世界に触れた瞬間
涙が溢れてきました

なんというのでしょう

彼女の世界観
美しい音色もうっとりしてしまいましたが
それ以上に私は彼女の醸し出す世界観
彼女の世界には入りきっている表情に
魅せられてしまいました

涙が自然とこぼれ落ちました
f:id:tomotomy:20150906175916j:image

10分ほどの演奏のあと

"うまれる ずっといっしょ。"の映画上映

涙が溢れてばかりでした

さまざまな愛の形
さまざまな家族の形
さまざまな幸せの形

幸せって近くに溢れている

それに幸せだと感じるか
そうでないか
それはその人自身に任されている

愛する人に残されてしまうとき
自分では想いを伝えてきたつもりでも
後悔の想いがあることが多いそうです

「後悔は愛の証」

愛していたからこそ後悔が残るという言葉や

「人生はシャボン玉のよう
光り輝き 儚い
私はもっと貴方と浮かんでいたかった」

というメッセージが
心に残っています

"人生はシャボン玉のよう"
そうかもしれません

予期していても、いなくても
別れはきてしまう

私には耐えられるだろうか
そんな風に今は思ってしまいます

"時間は解決してくれない"
映画に出てくる方が語っていました

サポートしてくれる人たち
感情を出すこと
意志

前向きに生きていくために必要であることを学びました

人は表に出さずとも
さまざまな哀しみや苦しみも
抱えながら生きている

だからこそ
人と繋がっていくこと

お互いが補い合いながら
生きていくことに意味があると
感じました

愛する人に愛を感謝を伝える。
繋がるご縁に感謝しながら、
どんな人からも学び、
自分が成長していく。

ひたすら心で感じていた時間でした。

シャボン玉のように儚い人生。
時に人生は永遠に見えるかもしれない
当たり前の幸せは当たり前でない
愛する人との別れは必ずある。
それぞれタイミングが違うだけ
f:id:tomotomy:20150906180107j:image

映画を製作してくださった豪田トモ監督、
そして映画上映のために半年にも渡り
準備をしてくださった方々、
一緒に上映会に参加し共有した皆様に
心から感謝しております。