読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲を眺めながら想ふ

雲は私たちに
太陽という
あたたかい温もり、
前向きなエネルギーの存在を、
忘れさせないために
あるのではないか

雲は私たちに
雨という
命をつなぐ恵の存在を、
忘れさせないために
あるのではないか


ずっと走り続けることは
できない

休むことも必要だ

ずっと光続けることはできない

だから太陽と月が交互にやってきて

晴れもあれば
曇り、雨、
雷、風の日もある

どれも必要なのだ

どれも欠けてはいけない

全てあるから

いいんだ

どんな感情も

あっていい

隠したり蓋をしたりせずに

感じることから始まるんだ

f:id:tomotomy:20150916093229j:image