空に海が広がる日

"When I look at ugliness, I see beauty.

When I am far from home, I see my old friends.

When there is noise, I hear a robin's song instead.

When I am in a crowd, it is the mountain's peace I feel.

In the winter of my sorrow, I remember the summer of my joy.

In the nighttime of my loneliness, I breath the day of my thanksgiving.

But when sadness spreads its blanket and that is what I see, 
I take my eyes to some high place until I find 
A reflection of what lies deep inside of me."

"わたしは醜いものを眺めながら、そこに美しいものを見る。

はるかわが家を離れていながら、故郷の友たちに会う。

うるさい音を聞きながら、
その中にコマドリの歌を聞く。

人込みの中にいても、
感じるのは山の中の静けさだ。

悲しみの冬の中にいて、
思い出すのは悦びの夏。

孤独の夜にあって、
感謝の昼を生きる。

けれど悲しみが毛布のように広がり、
もうそれしか見えなくなると
どこか高いところへ目をやって
胸の奥深くに宿るものの影を見つける"

(引用: 今日は死ぬのにもってこいの日)

今日は、
空にグラデーションが美しい
透き通る海が在る日。
広告を非表示にする