読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャロムな日々-3日目

f:id:tomotomy:20170329224936j:image

 

コンポスト作り(ゴミ処理循環システム)

f:id:tomotomy:20170329224600j:image

f:id:tomotomy:20170329224646j:image

 山菜摘み

f:id:tomotomy:20170329224724j:image

 

f:id:tomotomy:20170329224746j:image

f:id:tomotomy:20170329224908j:image

 

藁に包んで納豆作り、

f:id:tomotomy:20170329224821j:image

f:id:tomotomy:20170329224848j:image

種植え、食べる瞑想、

つなぎを着ての掃除など、
シャロムに来て3日。

 

まだ3日って信じられないくらい毎日が濃い。

そして本当に自然が美しい。

f:id:tomotomy:20170329225128j:image

 

 

今日は力仕事が多く、子どもと走って、体も疲れていた。でもよく笑った。みんなとの加藤志村アイーンゲームは最高だった。

 

早めにお風呂に入り、沢山ある本から現代農業・道は開ける・旅絵日記の3冊を持って部屋に戻った。でも急に穀物コーヒーを持って屋上で星が見たいと思った。

 

ベランダに出ると梯子があり、
屋根の上に登れる。

屋根まで登ったら、星が最高に見えるな。

 

一つ一つ段差が高くて怖い。

でも登ってみたい。

 

昨日、梯子から落ちたスタッフもおり、前から怖い梯子。

最近は梯子が余計怖くなった。

 

でも満天の星が見たくて、それに何かを破りたくて、一段ずつ登っていった。

 

下を見ればかなり高さがある。

落ちたらかなり危険。1人。寒い。みんな建物の中とか畑の中とかばらばら。

だれにも気づかれない。高い。

 

一瞬真っ暗な下を見かけた。

いや、下を向いたら登れない、そう思った瞬間、上を見た。

 

あと一段まできたら、屋根の上が見えた。

ただ屋根の上が寒さで少し凍っていて、滑るかもしれないと思った。滑ったら確実に死ぬ。

 

あと一段。

 

上を見上げれば満天の星。

綺麗。

 

もう一度屋根を触って、かっこ悪い格好でもいい、ただ登ってみたら意外と大丈夫だった。

 

ああ

 

うわぁ、

思わず頰が上がってた。嬉しくて。

 

登れた。

 

そして綺麗。

もうただ一面に満天の星空。
星が今まで見たことのないくらいいっぱいだった。
大好きな星がいっぱい。
れいだった。

 

ただその星たちを見ていたら、
急に笑えてきた。

 

ほんの約1週間前は東京にいた。

あの高層ビルの立ち並ぶ職場で、監視下に置かれてるみたいに心がいつも緊張していて。

 

それで、今は屋根の上で満天の星を見ている。

 

ははっ

 

1人で何度か笑った。

 

近くの家から季節外れのウクレレの音が聞こえる。

 

ちょっと叫んでみた。

 

ああ、なんかもうなんでもいいじゃないか、って思っちゃうくらい
あまりに壮大で美しい自然をただ見つめていた。

 

はは

なんだろう、これ。
全く違う世界。

想像はしていたけど、やっぱりカルチャーショック。

 

美しい南アルプス

一日のスケジュールもざっくりで。
話しながら、深く、軽く、温かく、人と繋がりながら、自然を感じながら。

 

頭でなく体を動かす仕事をして。

そして今はただ星を眺めてる。
こんなに高い屋根の上で。

 

梯子から落っこちないように、
またおしりを突き出しつつ、
ゆっくりゆっくり下って、
無事、少し冷めた穀物コーヒーを飲んだ。

幸せだった。
できないことができるようになる、
怖いを乗り越える。

小さいことなのに、
待っていた光景はあまりに美しかった。

 

ありがとう。