読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が魔法を使えたら


私が魔法を使えたら

背中に羽根を付けるだろう

朝になったら
太陽が顔を出す前に雲の上まで上がり、

夜になったら
曇り空の上まで上がり、

美しい太陽の神秘さを、
煌めく星空の美しさを、
味わい尽くすだろう

f:id:tomotomy:20151007234555j:image

私が魔法を使えたら

世界中にある全ての武器を
一輪の花に変えるだろう

その花は持つ人の心の芽、
慈悲の芽
優しさの芽
感謝の芽
愛の芽が
見る見るうちに育っていく

その花を受け取った人は、
その花を差し出してくれた人の、
心の芽を全身で感じ尽くす

自他共に幸せを願う気持ちが溢れ出し、
互いに笑顔でいられる優しさが溢れ出し、
この世に産まれてきたことへの感謝が溢れ出し、
自分への愛、人間への愛、自然への愛、
動物への愛、空気への愛、全ての生き物への愛、地球への愛が
胸から解き放たれたかのように溢れ出す

f:id:tomotomy:20151007234821j:image

私が魔法を使えたら

私は枯れることのない愛の泉を
私の心に溢れさせたい

f:id:tomotomy:20151007234858j:image

魔法が使えなければ

羽根を得ることはできない

武器を一輪の花に変えることもできない


けれど、

毎日自然を感じ、その神聖さや美しさを味わうことはできる

一輪の花を与えるように、
自分の心の芽を育て、
慈悲、優しさ、感謝、愛を持って
人や生き物や地球と関わることはできる

魔法が使えずとも叶えることができる


そう私は信じてる。